面長さんとはどのような特徴か

ファッションアイテムとして認識されつつあるメガネ。よく見えるかといった機能性だけではなく、相手から良く見られるかということも意識しながらメガネを選ぶ時代となりました。メガネの選び方として重要なことは、自分がどのような形の顔をしているかを認識することです。例えば面長の顔の特徴としては、顔の縦幅が長いという点が挙げられます。縦の長さがあるため横幅が狭くなることから、目と目の間隔が狭くなる人が多いです。頬にあまり丸みがないため、どちらかというと相手にはスマートな印象を与えるでしょう。日本人は面長の顔の人が多いので、比較的なじみのある顔の形といえます。そのため、メガネショップでは面長の顔向けのメガネが数多く販売されています。

面長さんに似合うメガネとは

メガネを選ぶポイントは、まずフレームの大きさを眉からアゴまで3分の1以内に収めることです。何故なら、大きすぎるフレームは、顔を大きく見せてしまう可能性があるからです。また、フレームの幅と顔幅を揃えるようにすると、メガネと顔がフィットしてスマートに見えます。さらに、眉の形に沿った形のフレームを選ぶと、メガネが似合うといわれています。これらのポイントを踏まえて、面長の顔に似合うメガネを選ぶと良いです。顔の縦幅が広い面長では、リムの縦幅があるフレームを選びましょう。縦幅があるものを選ぶことで、顔とのバランスが取れるようになります。また、横幅が狭くなるため、フレーム幅を少し小さいものを選ぶと良いです。ただし、フレームが小さ過ぎてしまうと、メガネが浮いてしまう印象を与えるので注意が必要です。