肌の色をベースに決めよう

スタンダードなメガネの色の決め方は自分の肌の色で決めること。日本人の多くはオークル系という黄色みがかった色の肌になります。オークル系は掌を見た時に、血管の色が緑がかっているのが特徴です。オークル系の肌の方はベージュやアイボリー、コーラルピンクといった淡い色がおすすめです。 それに対してピンク系の方は掌の血管が紫や青みがかっています。ピンク系であればブルー系やシルバー系が似合います。白い肌がより綺麗に見えますよ。 どちらにも当てはまらない肌の色が濃い目の色黒系の方の場合にはぱっきりとした濃い色がおすすめです。色黒でもオークル系かピンク系かによって選ぶ色が異なり、オークル系であればダークグリーン等のアースカラー、ピンク系であればブラックやネイビー、パープル等いろんな色が似合いますよ。

瞳の色も合わせて考えよう

メガネを選ぶ時に瞳の色はあまり気にしたことがないという方も多いと思います。実は肌の色と目の色からあまりにもメガネのフレームの色がかけ離れてしまうと、眼鏡だけが浮いて見えてしまうこともあります。強い色だとメガネだけが主張して、顔の印象が薄くなりがち。逆に色が薄いと今度は顔がぼやけた印象になってしまうのです。 それだけではなく強すぎる色は派手な印象や強い印象を与えやすくなります。優しいイメージが理想というのであれば、肌の色や瞳の色に合わせたメガネの方が優しい印象を与えてくれます。 メガネのフレームの色によって顔の印象が大きく変わってきます。複数のフレームの眼鏡で仕事の時やプライベートで使い分けをするのもおすすめですよ。

視力の弱い人が眼鏡を購入する際には注意が必要です。コンタクトレンズを着用した状態で合わせてデザインがいいと思っても、実際に度を入れてみると予想外に目が小さく見えたりするからです。