そもそもパーソナルカラーとは?

メガネを購入する際、自分の顔立ちに合うかデザインをポイントにする人が多いようです。確かにデザインによって自分に似合う・似合わないメガネがありますが、デザインだけでなく「パーソナルカラー」も意識することで、より自分に似合うメガネを選べます。パーソナルカラーとは肌や髪、瞳などのパーソナルな部分のカラーの違いで、春夏秋冬と4つに分類されています。春のスプリングタイプはクリアで黄みがかったカラーが似合います。夏のサマータイプはブルートーンで少しくすみがあるカラー、秋のオータムタイプは黄みがかっていてなおかつ濁りのあるカラー、そして最後の冬ウィンタータイプは青みがかった色調で暗いカラー、ヴィヴィッドなカラーが似合います。

パーソナルカラーを意識してメガネを選ぶメリット

メガネのカラーはパーソナルカラーを意識して選ぶことで、どのようなメリットがあるのかチェックしてみましょう。自分に合うパーソナルカラーのメガネをかけると、パッと顔色が明るくなります。くすみが軽減されるので、若々しい肌にも見えるようです。さらには目元のシワやほうれい線、シミといった肌の老化も目立ちにくくなると言われています。また、目の印象が強まり目が大きく見えたり目力もアップします。この他にもパーソナルカラーに合ったカラーのメガネをかけることで、顔の立体感が増して小顔に見えるという効果も期待できます。このように、メガネのフレームのカラー1つだけで、顔の気になる様々な部分を目立たなくしてより魅力を高めてくれるので、メガネを購入する際はパーソナルカラーを意識してみましょう。

普段、横になった状態でめがねをかけることが多い人は、枕等で顔にフレームが押しつけられて痛くないかという視点で選ぶことも必要でしょう。